顕正会の邪説(15)/宗門は御遺命(国立戒壇)を放棄し、正本堂を御遺命の戒壇と断定

HOME
顕正会 宗門は御遺命(国立戒壇)を放棄し、正本堂を御遺命の戒壇と断定

【邪説の主意】
池田は国立戒壇が批判を受けて、国立戒壇が選挙に不利と判断するや、国立戒壇の放棄・否定を図るため、正本堂を御遺命の戒壇であるとすることを思いついた。その誑惑(おうわく)をなすために法主を籠絡(ろうらく)し、猊座の権威でもって御遺命(国立戒壇)放棄、正本堂が御遺命の戒壇と言わしめた。

浅井昭衛の邪説発言

(1)「創価学会池田会長は、政治・選挙の為か世間に諂(へつら)い、ついにこの大事の御遺命を曲げたのであります。即ち、世間に抵抗ある国立戒壇を抹殺し、俄(にわ)かに立てたる正本堂を『御遺命の戒壇』『宗門七百年の悲願の達成』と偽り、時の政府を文書で以って欺(あざむ)いたのであります。その上あろうことか、正本堂の完工式には邪法のキリスト教神父招いたとのこと、かかる所行すでに言語道断にして天魔の入りたる所為と断ぜざるを得ません」(冨士250号)


(2)「ここに彼(池田大作)は国立戒壇を否定するのに『民衆立の戒壇・正本堂』という誑惑を思いついた。そして汝(日顕上人)に『国立戒壇論の誤りについて』と『本門事の戒壇の本義』という二冊の悪書を書かせ、あたかも正本堂が御遺命の戒壇に当たるかのたばかりをさせたのである」(最後に申すべきこと)


(3)「まさしく妙信講は、国立戒壇の放棄と、正本堂を御遺命の戒壇とするとの、二つの仏法相違の『宗門の公式決定』に従わなかったから、死罪を受けたのであった」(学会・宗門抗争の根本原因)


(4)「国立戒壇はひとり日興上人に付属された御遺命、日蓮正宗だけの宿願である。しかるに田中智学この義を盗む。ところが日蓮正宗の全信徒は『国立戒壇は田中の義』として、かえってこれを捨てた」(冨士312号)

浅井昭衛の邪義・妄説を破す

■正本堂が御遺命の戒壇などとの断定はない

日達上人は、昭和47年4月28日の『訓諭』において、
「正本堂は一期弘法付属書並びに三大秘法抄の意義を含む、現時における事の戒壇なり。すなわち正本堂は、広宣流布の暁に本門寺の戒壇たるべき大殿堂なり。但し、現時にあっては、いまだ謗法の徒多きが故に、安置の本門戒壇の大御本尊はこれを公開せず、須弥壇は蔵の形式をもって荘厳し奉るなり。然れども八百万信徒の護惜建立(ごしゃくこんりゅう)は、未来において更に広布への展開を促進し、正本堂は正にその達成の実現を象徴するものというべし」
と仰せのとおり、「正本堂が御遺命の戒壇である」などとは一切断定されてはいません。
あくまでも、将来において戒壇「たるべき」であり、「これが戒壇堂である」などと仰せになっていないではありませんか。しかも、現時においては未だ一国謗法であり、戒壇の大御本尊は蔵の形式をもって御安置申し上げるとの仰せであり、「宗門七百年の悲願」などと誰が言ったというのでしょうか。
この当時、正本堂が御遺命の戒壇だと幹部を使って喧伝したのは池田創価学会の独断であり、日蓮正宗御宗門はそんなことは認めていません。この日達上人猊下の訓諭にあるとおりです。それでも違うというなら、きちんと文証を出してものを言ってほしいものです。

■すでに存在しない正本堂

上記の通り、「宗門七百年の悲願の戒壇堂などではなかった」からこそ、正本堂は取り壊され跡形も無いのです。この事実が全てではありませんか?
それに、大御本尊が正本堂から御遷座されることをもって「御遺命守護の完結」と叫び、顕正会の年来の大目的としてきた浅井顕正会。本来であるならば、顕正会の存在意義はその時点で失われているのであり、なぜ未だに解散もせずに存続しているのか。また「顕正会は、今の宗門には、もう求めるもの何ものもない」というのであれば、なぜ今もって日蓮正宗を誹謗し続けるのか、まったく意味がわかりません。顕正会は、とっくに解散されてなければおかしい集団であるのです。

■田中智学の国立戒壇論

浅井は「田中智学が日蓮正宗の国立戒壇義を盗んだ」などと言っていますが、ふざけてはいけない。

◎「一宗模範正式本尊たる佐島始顕大曼陀羅の御正筆を奉安し、(中略)日本国教乃至閻浮同帰の戒壇本尊とすべし」(宗門之維新)

◎「宏大荘厳世界無比の大建築を以て、『戒壇遥拝殿』を三穂の清州に造り」(宗門之維新)

◎「王法と仏法が一体となった時、世界統一の大標示として『本門戒壇』の建設を勅命せらるる時」(日蓮聖人の教義)

◎「苟(いやし)くも『本門戒壇』を建て得る場合の日本国は、すべての点に於て、モハヤ世界の盟主である、(中略)世界は教法的に統一せられ、万国の帝王大統領も即位就任の式は、必ずこの本門大戒壇を踏んで、日本国天皇より大菩薩戒を授けられて、その式を全うするのである。此(この)場合の日本天皇は、世間的にすでに世界文武の長者、列国の治平の盟主にあらせらるる上に、更に教法上の大柄(たいへい)を握って、世界人類の思想信仰を支配したまふ所の、活ける明神である」(日蓮聖人の教義)

などとあるように、田中智学の国立戒壇論とは、
「現人神(あらひとがみ)・世界統一の盟主たる日本国天皇が世界を統一後、臣下となる世界中の衆生に戒を授けるため、佐島始顕大曼陀羅を奉安した国立戒壇を三保に建立する」
というものであり、日蓮正宗の義とは似ても似つかぬ国粋主義・覇権思想の邪説です。
これで何がどうしたら「田中智学が日蓮正宗の国立戒壇義を盗んだ」などと言えるのでしょうか。まったく意味不明です。
むしろ、浅井の言う天皇主権復活論こそ田中智学の亜流ではありませんか?

このページのトップへ
正しい宗教と信仰

第一章・創価学会第二章・顕正会第三章・新興宗教
第四章・既成仏教第五章・民間信仰第六章・神様信仰
関連リンクこのサイトについてサイトマップ