曹洞宗の誤りを破す

HOME
既成仏教 曹洞宗

【禅宗の歴史】
禅宗は、菩提達磨(ぼだいだるま)を始祖として、「教外別伝(きょうげべちでん)・不立文字(ふりゅうもんじ)」を掲げ、釈尊の説いた経論にはよらず、座禅によって悟りを得ようとする宗派です。
禅宗は『大梵天王問仏決疑経(だいぼんてんのうもんぶつけつぎきょう)』という経典をを拠りどころとしています。それによると、
「釈尊(お釈迦様)が涅槃の時、聴衆の一人が一枝の睡蓮(すいれん)を釈尊に捧げた。釈尊は黙ってそれを受け取り、拈(ひね)って大衆に示した。その場の大衆は釈尊の意図するところが分からなかったが、摩訶迦葉(まかかしょう)一人がそれを理解して破顔微笑(はがんみしょう)した(拈華微笑=ねんげみしょう)。そこで釈尊は、『正法眼蔵、涅槃妙心、実相無相、微妙の法門有り。不立文字、教外別伝にして、摩訶迦葉に附属(ふぞく)す』といって、仏の悟った深遠微妙(じんのんみみょう)の法門は経論・言辞によらず、ただちに以心伝心をもって法を摩訶迦葉に附属した」
ということです。これが「教外別伝・不立文字」のはじめで、禅宗はここから始まったとしています。
南インドの僧であった達磨は、この教えを中国に伝えようと、西暦520年頃に中国(当時の北魏)に入りました。そして嵩山(すうざん)少林寺(有名な小林拳の寺)の石窟で壁に向かって9年間の座禅を修し、中国禅宗の開祖となりました。
日本へ禅宗が初めて伝わったのは、奈良時代の道昭によるものです。道昭は西暦653年に中国(当時の唐)に渡り、法相宗・成実宗とともに禅も学び、日本に帰ってからこの二宗とともに禅を伝えました。
このように禅宗は当初、他宗に付随する形で伝えられましたが、鎌倉時代にいたって、栄西(えいさい)が臨済宗を、道元が曹洞宗を開きました。この他に、中国僧の隠元(いんげん)が伝えた黄檗宗(おうばくしゅう)という宗派もあります。

【高祖】希玄道元
【太祖】瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)
【本尊】釈迦牟尼仏が多く、特にこだわりがない
【経典】『法華経』『涅槃経』『華厳経』『般若経』など
【本山】永平寺、総持寺

宗派の沿革

日本曹洞宗は、鎌倉時代に、5年間宋に留学した道元によって伝えられました。
道元は13歳で比叡山に登り、翌年に出家し、天台教学を学びました。しかし教えに納得できずに18歳で比叡山を離れ、その後、臨済宗の禅を学びました。
貞応2年(1223年)、道元は本格的に禅を学ぶため、24歳の時に中国(宋)に渡りました。各地の寺を歴訪して臨済禅を学んだ道元でしたが、納得できず、続いて如浄に師事して曹洞宗を学びました。そして曹洞宗の印可(いんか)を得て法を嗣(つ)いだ道元は、安貞元年(1227年)に日本に帰国しました。
道元は、曹洞宗の根本聖典・集大成である『正法眼蔵』の著述に取り組み、また師である如浄の教えを実践するため福井県に大仏寺を草創、日本曹洞宗の礎(いしずえ)を築きました。この大仏寺はその後に永平寺と改称され、現在は本山となっています。
道元没後、2代・3代を経て瑩山紹瑾(けいざんじょうきん)が出て、石川県に総持寺を開きました。しかし明治31年の火災で焼失し、明治43年には横浜市鶴見区に移転復興しました。現在は、福井の永平寺と鶴見の総持寺の二大本山制となっています。

教義の概要

■曹洞宗の特徴

曹洞宗の教えは、臨済宗とは異なり、「文字や知識は修行の妨げとなる」として、臨済宗で言う公案(優れた禅者の言葉・悟りへ導く課題)を用いません。
只管(ただひたすら)黙々と、何ら意義や目的を持たず、求めず坐禅する中国の師・如乗の教えである「只管打坐」を重んじ、坐禅修行の姿そのものが仏・悟りであると説いています。すなわち修行の成果として仏になるのではなく、修行することが仏の行であるということです。
曹洞宗の坐禅は、公案を中心とした臨済宗の坐禅(公案禅・看話禅)に対し、「見性禅・黙照禅」と呼ばれ、ひたすら坐禅することによって、自身の中に仏性を見出し、自らが本来、仏であるとの悟りを得ようとするものです。
また臨済宗が朝廷や幕府などの権力階級に布教したのに対し、曹洞宗は権力に近づくことなく、一般民衆に浸透していきました。

邪宗教である理由

■『大梵天王問仏決疑経』について

禅宗は、『大梵天王問仏決疑経(だいぼんてんのうもんぶつけつぎきょう)』という経典を依経(えきょう=よりどころの経典)としています。
しかしこの経は、中国は唐の時代の末、慧炬(えこ)の『宝林伝』のなかに記されているのみで、大蔵経の古録である『貞元釈教録』『開元釈教録』にもその名称はありません。
このことからも『大梵天王問仏決疑経』は古来より、偽経(ぎきょう=後世のニセモノの経典)とされているのです。
このような偽経をよりどころとする禅宗は、仏教宗派として信用に値しません。もともとがウソ・偽(いつわ)りから始まっている宗派なのです。

■「拈華微笑」も作り話

『大梵天王問仏決疑経』が偽経なのですから、そこに説かれている「拈華微笑(ねんげみしょう)」という、釈尊が睡蓮(すいれん)の花を拈(ひね)って迦葉(かしょう)尊者が一人微笑んだ……などという話も当然、作り話です。
そもそも史実として、釈尊が涅槃(ねはん)の時、迦葉尊者はその場にはいなかったのですから、微笑みようがありません。こんなウソの説話が宗派の根本に関わるよりどころなのですから、禅宗の存在そのものが根本的に論外なのです。
釈尊が、「付法蔵(ふほうぞう)の第一」として、迦葉尊者に小乗教の法を付嘱(ふぞく)されたことは事実ですが、それは禅宗の言う「経典に真実はなく、迦葉尊者一人に以心伝心で真実の法を伝えた」などという、荒唐無稽(こうとうむけい)なものではありません。

■教外別伝・不立文字

そういうことで、『大梵天王問仏決疑経』に説かれる「正法眼蔵、涅槃妙心、実相無相、微妙の法門有り。不立文字(ふりゅうもんじ)、教外別伝(きょうげべちでん)にして、摩訶迦葉に附属(ふぞく)す」などというのも、作り話です。
そもそも「不立文字」と言うからには、経典は用いないはずなのに、「教外別伝」の根拠を『大梵天王問仏決疑経』の経文に依(よ)るとはどういうことなのでしょうか。言ってることとやってることが食い違ってます。
釈尊の一代聖教(いちだいしょうぎょう)を誹謗(ひぼう)し、経典を捨て去り、「教外別伝・不立文字」などとする禅宗は、『涅槃経』の、
「若(も)し仏の所説に随(したが)わざる者あらば、是(こ)れ魔の眷属(けんぞく)なり」
と説かれるとおり、天魔の所業となるのです。
日蓮大聖人は『早勝問答』に、
「問ふ、禅天魔の故(ゆえ)、如何(いかん)。答ふ、一義に云はく、仏経に依(よ)らざる故なり。一義に云はく、一代聖教(いちだいしょうぎょう)を誹謗(ひぼう)する故なり」
と御教示されています。

■「直指人心・見性成仏」の増上慢

禅宗では、「直指人心(じきしじんしん)・見性成仏(けんしょうじょうぶつ)」などといい、教経を用いず、坐禅によって見る自己の本性が仏性であり、仏そのものであるなどとしています。
確かにすべての人々は、理の上において仏界を具(そな)えてはいますが、それは実の仏ではありません。
貪(とん=むさぼり)・愼(じん=いかり)・痴(ち=おろか)の三毒強盛(さんどくごうじょう)である私たち凡夫の心は、しょせんは迷いの心であって、その心をいかに見つめても、仏心を観ずることなどできません。釈尊は『涅槃経』に、
「願って心の師とは作(な)るとも心を師とせざれ」
と説かれ、「人の心は迷いの心であって、その心を師匠とすべきではない」と戒(いまし)められているのです。
完全無欠の仏を蔑(ないがし)ろにし、「是心即仏(ぜしんそくぶつ)・即身是仏(そくしんぜぶつ)」などとして、「我が心を観ずることによって仏になる」などという禅宗の教えは、増上慢(ぞうじょうまん=慢心の極地)なのです。

以上、曹洞宗について、その邪たる所以を述べました。念仏は、真実の仏法とはかけ離れた邪宗に他なりません。『涅槃経(ねはんぎょう)』には、
「邪宗の僧侶や幹部は、いかにも聖人君子のごとき人格者を装い、わずかばかりの経典を読んだりしていても、常に内心は信者から布施や寄付をしぼり取り、自分の身を長く養うことばかり考えている。袈裟(けさ)を着ているといっても、それはまるで、猟師が狙った獲物を細目でにらみながら忍び寄っていくごとく、また猫がねずみに跳びかかろうと身構えているごとく、少しでも多額の布施・寄付を搾取(さくしゅ)しようと、信者を狙っているのである」
という趣旨の経文があります。曹洞宗も当然、これに該当します。
皆さま方におかれましては、間違ってもこのような邪法邪師の邪義に惑わされることなきよう、くれぐれもご注意願いたいと思います。

このページのトップへ
正しい宗教と信仰

第一章・創価学会第二章・顕正会第三章・新興宗教
第四章・既成仏教第五章・民間信仰第六章・神様信仰
関連リンクこのサイトについてサイトマップ